投稿日:

書道アートに挑戦(中高生:すたぁりっと平野)

想いを届けるアーティスト『KIYOSHI』さんをお招きして、書道アートを実施しました

書道アートという聞きなれない言葉に皆さんは始まる前から「今日はどんなことするんですか?」「書道って普通に文字を書くんですか?」とソワソワされており、落ち着かない様子でした。

KIYOSHIさんがいらっしゃって、自己紹介を兼ねて活動されている内容についてプロジェクターを使って説明されました。KIYOSHIさんの「会社員ではなく、個人として活動しています。活動していく中で大切なことは皆さんがすたぁりっとで学んでいること、特にコミュニケーションの力です」という言葉に、皆さんは真剣な表情で耳を傾けていました

自己紹介が終わり実際に墨汁を使って文字を書きました。象形文字で『夢』という字を作品としてこのイベントで完成させるべく、最初は自分で何を使用して書くのかを練習しました。歯ブラシや竹串、ティッシュや綿棒など日常で使う様々なモノが文字を書くことができるということを知り、皆さんは楽しみながら自分がどのモノを使って字を書くのか練習されていました。何を使って書くのかを決まってから、『夢』という字をそれぞれが書き、最後はKIYOSHIさんに絵の仕上げをしていただきました

振り返りの感想では「字を書くのは嫌いだけど、今日のイベントで文字を書くのが楽しいと思った。」「普段使っているモノが文字を書く道具になることに驚いた」と発言される方が多く、ご自身の作品をとても大切に保管して持って帰られていました。

すたぁりっとでは日頃行っている訓練が社会に出たときにどのような意味を持つのかを確認する場として、今後もイベントを企画していくつもりです。

 

すたぁりっと平野:11月23日(祝)実施