投稿日:

放課後デイ・体験訓練「救命講習会実施」

皆さんこんにちは!
今回は平野消防署様にご協力いただき、救命講習会を実施しました。

消防署に到着後、まずは救命救急に関する映像を観賞しました。そこで今回のテーマである胸骨圧迫とAEDの使用方法を皆さんには学んでいただきました。映像を観た後に実践をしていただくことを事前にお伝えしていたので、皆さん、真剣な表情で映像を観ていました。

映像を観た後はいよいよ実践です。人形を使って、皆さんには胸骨圧迫とAEDを使っての救命に取り組んでいただきました。胸骨圧迫は皆さんが想像していたよりも強い力が必要だと分かり、「力の入れ方が難しいです」とおっしゃっている方もいました。弱い力では効果が出ないので、「骨を折るぐらいの気持ちで構わないので、強くやった方が良いですよ」と消防隊員の方はおっしゃっていました。

AEDに関しては見たことはあっても、実際に手に取るのは初めての方が多かったです。AEDから流れる音声に従って、実際に使ってもらいましたが、音声の案内通りに使うことができている方が多く、普段、すたぁりっとで実施している「指示の出し方・聞き方」のロールプレイが活かされているなと感じました。

今回は皆さんにとっても参考になったことが非常に多く、例えば、周りの人に119番やAEDを持ってくることをお願いする時は「誰かお願いします」ではなく「あなたは119番をお願いします、あなたはAEDを持ってきてください」と指名をしたほうが誰もやらないという事態を防ぐことができると教えていただきました。

普段、すたぁりっとで実施をしているロールプレイのポイントの中に「勇気を出して参加しましょう」がありますが、人命救助ではこれが最も大切なことです。消防隊員の方からも「いちばん良くないのは何もしないことです」と何度も教えていただきました。当然、今回の救命講習会に参加したことで皆さんがすぐに落ち着いて人命救助ができるわけではありません。しかし、今回の内容を何度も振り返ったり、訓練を繰り返すことで、いざという時に落ち着いて行動をすることにも繋がっていきます。

すたぁりっと平野では2020年もイベントや企業見学を実施していきます。ぜひ、ご参加ください。