投稿日:

大学の雰囲気に触れる!関西外語大学へ!(中高生:すたぁりっと平野)

皆さんこんにちは!
10/5(土)のすたぁりっと平野では、大学の雰囲気に触れてみる企画で、関西外語大学にいってきました。
こちらの大学の学食でお昼ごはんを食べ、学内を少し見学し、大学生の姿を見たりと、普段の学生が触れている世界に足を踏み入れてみました。大学は皆さんがこれまで経験してきた学校のイメージとは大分違います。制服はありませんし、建物も中学高校と比べて遙かに大きいですからね!それだけでもワクワクしたことでしょう。

到着するなりまずは学食へ!給食とは違い、食べ物は自分で選んで食券を買うのです。なんだか普通のレストランみたいですね!こちらの学食はとても綺麗だったこともあり、もはやレストランです。食べ物や外観、中の雰囲気もなんだかお洒落!大学はこれまでの学校のイメージとは全く異なっており、限りなく実社会に近い環境なんです。その雰囲気に触れ、体感いただくことが、今回来た目的でもあります。
進学するしないは関係なく、まずは知るということが大切です。進学を考えていない方は、このような機会でもなければ一生足を踏み入れることが無いかもしれませんが、今回をきっかけに進学を希望する方が出るかもしれません。また、将来子供ができ、自身の子が大学に行きたいと言った時、全く知らなければ話もできません。いつ活かせるか分かりませんが、知っていることで次につながることもございます。

また、近年大学でも障がい学生支援室等、障がい学生の受入やサポート体制を整えておられるところが増えており、以前よりも障がいのある方が入りやすくなってきました。すたぁりっと平野におられた方で大学に行った方もこれまで2名おり、面接や志望理由書などのサポートをしてきました。大学は障がいのある方に無縁の世界ではありません。行こうという気持ちがあれば、行く方法はあるのです。

実際に大学の中に入ってみて、いかがでしたでしょうか?
学祭もありますので、今度は学生たちとも関わってみると面白そうですね。(すたぁりっと東住吉は、以前阪大の学祭に行きました)
また是非行きましょう!