投稿日:

ヤマト・関西ゲートウェイに企業見学!(小学生:すたぁりっとジュニア)

皆さんこんにちは!
9/7(土)のすたぁりっとジュニアは、クロネコでお馴染みのヤマトグループ配送ターミナル、関西ゲートウェイ様に見学に行って参りました。
誰もが知っている会社ですが、荷物がどのように分けられて届くのか、実際に見たことのある方は少ないと思います。小学生でも仕事に触れる機会は沢山あり、お菓子屋さんや食べ物屋さんなど、実際に働いている様子を知らず知らずに見ています。特に年齢が低い時は、「ケーキ屋さんになりたい」「サッカー選手になりたい」と言うように、身近(テレビも含む)に目にするものがインプットされていきます。
それが年齢が上がるにつれ活動範囲が広がり、見える世界が大きくなるにつれ、少しずつ変化していくものです。しかしながら、障がい故に活動範囲が広がりにくいとインプットが増えず、見える世界も変化しないこともあります。

そのため、中高生のすたぁりっとだけでなく、すたぁりっとジュニアでも意図的にインプットを進める取り組みとして、企業に触れる場面を増やして参ります。

さて、実際に関西ゲートウェイ様の見学をしてみますと、大人でも初めて見る光景が沢山ありました!出荷の仕分けは全て機械で行われており、物凄い速さで分けられておりました。配送先の顧客データを機械が読み取り、大量の荷物が自動的にベルトコンベアで分けられていくスケール感は、見学に行った職員、児童みなくぎ付けになっておりました!流石大企業、ハンパではありません。残念ながら配送センター内の様子は写真NGでございましたので、参加されましたお子様から聞いてみてください🙇

見学の最後には、素敵なプレゼントをご用意いただきました。それも出荷作業と同じく、赤いランプのついた引き出しのボタンを消すと、中のプレゼントがもらえるという仕組みで、とても面白かったです。プレゼントはランダムで選べませんので、欲しかったものが貰えなかった子の1人が職員に相談してきました。そこで、スタッフさんに交換できるか聞いてみることに!
すると驚きのコメントが返ってきました!!「これはお仕事の報酬なので、交換はできません。」と!徹底した対応に、私たち職員も驚きました。
でも子供たちはその上をいき、友達同士で交渉し、交換しておりました。

普通でしたらスタッフさんに断られた時点で悲しくなってしまうのですが、切替して別の方法を見出し、対応している子供たちに感心しました。自分の気持ちに折り合いをつけ、新たな方法を探すという高等技術を2つも同時に行えており、成長を感じました😭大人でもなかなかできないのに…素晴らしいです!

また来週もジュニアは企業見学です!また新しい世界を見てきてくださいね。