投稿日:

【夏休み企画】電車でお買い物!(小学生:すたぁりっとジュニア)

皆さんこんにちは!
8/19のすたぁりっとジュニアでは、電車に乗ってお買い物に行って参りました。
自分たちで切符を買って電車に乗る経験は、小学生の皆さんはまだまだ少ないと思いますので、今回は身近なところにあえて電車で行きました。電車に乗って隣駅の商店街でお買い物し、公園で遊んで帰るというプランです。(雨が降ったら公園遊びは中止)
公共交通機関のマナー、お金の概念(予算)、社会資源の使い方をポイントに、小学生の皆さんには経験してもらえたらと思います。

まず切符の買い方、運賃(目的地までいくらで行けるか)の概念、電車に乗る際のルールとマナーを知り、実際に体験してもらいました。初めて体験する子もおり、券売機に運賃丁度の金額を入れ、お金が戻ってこないと怒ってしまいました。「丁度の金額を入れると、お釣りが出ないんだよ!」とスタッフが伝えると、「そうなの!?」と、驚いた表情をしておりました。新しい発見が早くもあったようで、何よりです(^^)

電車のマナーは皆さん守れ、ホームでも白泉から出ないようしっかり待つことが出来ておりました。何より男子は電車好きが多いので、乗れるだけでわくわくでしたね!
針中野商店街に到着し、いざお買い物スタート!予算は300円です。いつもお母さんとお買い物に行くときは明確な予算が無いと思いますので、みんな足りなくならないようにするのに一生懸命です。お金の概念が多少ある子は、「このお菓子、いつものとこより安い!こんな安く買えるの?」と、価値判断が出来ていることに驚きました。一方、まだ概念認知が出来ていない子でも、「これとこれを買ったら、お金足りる?」と懸命にスタッフに確認しておりました。ちゃんと足りるように確認するという行動が、適切なタイミングでできていることが分かり、とても良い機会となりました。

この後公園の予定でしたが、あいにくの雨で中止に!でもみんな気持ちをスッと切り替え、帰路につくことができました。帰りの切符を買う際、「行きと同じ金額やな!」と、応用できる子も多く、スタッフも新しい発見が沢山できました。
普段室内の訓練と併せ、実際にものや場面のある屋外訓練が、彼らの経験値をグッと高めていきます。家庭や学校で行くのとは違った、我々スタッフと彼らとの適度な距離感だからこそできる強みを活かし、今後もこのような機会を作って参ります(^^)/