投稿日:

【夏休み企画】eスポーツ大会開催!(中高生:すたぁりっと東住吉)

皆さんこんにちは!
8/21のすたぁりっと東住吉では、eスポーツ大会を行いました。
eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツのことで、最初に行われたのはなんと1997年と、20年以上前からあったのです。インターネットが普及し、近年急速に拡大してきたeスポーツは、大きな大会もあり、優勝賞金は億を超えることもあるのです。ここまでくると大きな産業となり、ゲームと言えど侮れませんね!

最近すたぁりっと東住吉は外出が続いておりましたので、室内にてみんなで競って楽しめる企画として行いました。普段のゲームは1人ですることが多いと思いますが、eスポーツはチームプレイや個人同士での競技、観戦など、人が集まることで成り立つものですので、必ずコミュニケーションが発生します。ちょっとした室内運動会みたいな感覚で、とっても盛り上がりました。

また、誰かと競うことを経験することができます!勝ち負けは生まれますが、同時に切磋琢磨し、共に成長する仲間にもなります。
勉強も部活も良きライバルが見つかると、大きく成長できる機会となります。しかしながら、障がい等で特別学級や支援学校に進みますと、このようなライバルのような仲間に出会う確率はかなり低くなります。そもそも教育方針に競う概念が無いのと、受験をすることがほとんどありません。部活も緩く設定されており、環境上競う機会が非常に少ないのです。

今回景品を用意しておりましたので、みんな頑張って競い合いました!勝てばもらえますし、負けると参加賞のみになってしまいます。そしてここでもまた「勝ち方」「負け方」があるのです。勝った方は素直に喜ぶのは良いですが、負けた方への自慢やののしる態度は良くありませんし、負けた方は拗ねたり、八つ当たりしたりするのはNGですね。仲間ですから、気持ちの折り合いをつけ、お互いをたたえ合えるように気持ちをセットできることが大事です。(今回の企画では、ここまでの設計はしておりませんが)
でも皆さん流石です!お互いの気持ちを考えた勝ち方、負け方も問題なくできており、メタ認知力が養われてきているのだと思います。勿論、負けた方は悔しがっていましたが。

次回は秋、冬の間にあるかと思いますので、また皆さん盛り上がっていきましょう(^^)/