投稿日:

【夏休み企画】朝日新聞社 工場見学!(小学生:すたぁりっとジュニア)

皆さんこんにちは!
8/16のすたぁりっとジュニアでは、朝日新聞社の印刷工場に企業見学に行って参りました。小学校の課題でもしばしば登場する新聞ですが、実際にどうやって作られているのか見ると、課題への取り組み方も変わるかもしれませんね。

新聞はまず記者がインタビューなどして情報を集め、文章にまとめていきます。それを今度は校正し、印刷、出荷までの一連の流れを丁寧に説明いただきました。正直小学生には難しい内容かと思いましたが、朝日新聞社の方のお話をみんな真剣に、興味津々に聞いていました。
特に面白かったのは、印刷する際の文字盤です。ハンコ型で制作しますと、すべての文字は反対に作らなければなりませんが、ローラー型にすることで、その手間をなくすことができるという話を聞き、スタッフ含め皆「へぇ~!」と、思わず声が出てしまいそうな表情でございました。
企業では、様々なところにこうしたアイデアや創意工夫が見え、スタッフもとても勉強になりました。
また、見学を受け入れ慣れている企業様ですので、子供たちの注意の引き方もとっても上手で驚いてしまいます。子供たちに注目してほしいところにはキャラクターの絵を使い、「みんなドラえもん見てー」と言うと、みんなパッと注目することができていました。我々支援者も勉強になりますね!

小学生のうちから少しずつお仕事に触れ、将来の選択肢を増やしていくことが、すたぁりっとの目的でもあります。働き方改革もあり、副業したりフリーランスになる方も増え、1人1社の終身雇用の考えはなくなりつつあります。これからは個別の能力によって、企業の垣根を超えた働き方になっていくことでしょう。
そういう意味で、これからの子どもたちは沢山の企業や職業を知り、活躍の場を広げることができると同時に、それが求められもします。

学校以外での沢山の経験がより必要になってきますので、すたぁりっとでは今後もこのような機会を作って参ります!
是非皆さん、参加お待ちしております!