投稿日:

思考と創造力を養うアーテックプログラム!(小学生:すたぁりっとジュニア)

皆さんこんにちは!
今回はすたぁりっとジュニアのプログラムを1つご紹介させていただきます。
普段集団でのコミュニケーション訓練を行っておりますが、週に1回ほどアーテック社製のブロックを使った訓練を行っております。

実はこのブロック、非常に良くできた代物でして、立方体型のブロック6面全てが接続できる仕組みになっているのです。そのため、市販されているブロックよりもより多くの物を作ることができ、考えることも多くなります。また、重心の置き方や立体パズルなど様々なことができ、作ったものをプログラムして動かすことも可能なのです(プログラミング)。
実はアーテックは学校教材メーカーで、全国の幼稚園や小学校等で使われる教材を沢山作っておられます。そのノウハウが詰め込まれたこのブロックは、流石ですね。

2020年より小学校でプログラミングが必修となることが決まり、プログラミングという言葉が先行して流行しているように思います。プログラミングをやることでPCやプログラムの技術つけるように思われがちですが、取り組むことで養われる思考力や問題解決力が重要です。創造を具現化し、試行錯誤するプロセスが大事ということです。しかしながら、子供たちは楽しいと感じることができないと試行錯誤までたどり着けないので、結局のところ指導者の進め方がカギとなるでしょう。

話はそれましたが、すたぁりっとジュニアでは楽しみながら試行錯誤し、頭で描いたものを形にしていく機会として、アーテックプログラムを行っております。課題に合わせて作成するのですが、それだけでは興味がわきませんので、日ごろから自由に作って遊ぶ時間も設けております。このブロックで遊ぶことが好きになり、プログラムに積極的に参加できるようにするためです。

皆このブロックで遊ぶのが大好きで、色々なものを作れるようになりました。電池を付けて動かすことまでできるので、夢は広がりますね!今日はそんな様子をご紹介いたしますので、是非参加してみてください。