投稿日:

造幣局の見学に行って参りました!(中高生:東住吉)

皆さんこんにちは!本日すたぁりっと東住吉(中高生)は、造幣局の見学に行って参りました。これから特に高校生は少しずつ働くということを意識していくわけですが、働くってそもそもどういうことか、理解している中高生は少ないと思います。
自立するため、自己実現のためなど、いろいろ聞くと思いますが、すたぁりっとでは働くことは、自立する=依存先の分散をする であると考えております。もちろん生きるためなのですが、これまで家族に頼りながら行ってきたことも含め、社会資源を活用していろいろなものに頼っていくために、お金というツールを使わなくてはなりません。
そのお金を手に入れる代わりに、労働力を提供することが、働くことの基本概念ではないでしょうか。

今回は、そのお金について考える機会として、造幣局の見学を行いました。お金の歴史から、どうやって作っているかなど、実際に行ってみることでわかることが沢山あります。
驚いたのは、「できたての100円玉」の山が箱に入れて展示されていたことです!できたばかりのお金を見ることも、造幣局ならではでないでしょうか!
造幣局といえば、もう1つは桜ですよね?
本日はまだ通り抜けの期間ではございませんでしがた、7分咲きの桜を見ることが出来ましたので、皆の後ろ姿とともにパシャリ!ちょっと花見気分を味わえたのではないでしょうか!

帰ってから振り返りしますので、うきうきばかりしていられませんよ(笑)
しかし、折角の春休みですので、楽しんできてください!
皆さんお疲れ様でした。